TOP > 不妊治療 > 不妊治療について

不妊治療について

不妊の原因って何なのでしょう?

妊娠成立の原因は複雑です。
卵管異常によるもの、排卵障害によるもの、男性側の原因によるもの、色々な原因があります。
多岐にわたる複雑な過程を項目ごとに分類して検査し、不妊の原因を一緒に考えていきます。


不妊症の治療

ここでは代表的な治療方法を簡単に紹介いたします。
当院で行っている治療については、各種検査とタイミング療法までとなりますが、さらに高度な生殖医療が必要とされる場合には、当法人の関連施設「草津レディースクリニック(不妊治療専門)」に繋いでいきます。

タイミング法 一般的に最初に用いられる治療方法になります。粘液(おりもの)の状態や卵胞の大きさ、尿中または血液中のホルモン値から排卵日を正確に把握し、その日に夫婦生活を営んでもらう事で自然妊娠を目指す方法です。また、排卵がない場合や、卵胞の発育がよくない場合には、卵胞の発育と排卵を促すよう、排卵誘発剤を併用する方法もあります。
人工授精 人工授精は、人の手を介して男性の精液を女性の子宮内に注入する方法となります。人工授精は名前からも人為的に妊娠させる印象がありますが、実際は、人の手を介して手助けを行う方法の中で、最も自然な方法なのです。
人工授精は、次のような方が対象になります。
・フーナーテストが良くない場合
・夫婦生活を排卵日に行ってもなかなか妊娠しない場合
・精子に不妊の原因があると考えられる場合 など
体外受精 体外受精とは、文字どおり体の外で精子と卵子を受精させ、受精卵を子宮内に戻す方法です。体外受精は、以前は高度な不妊治療でしたが、最近では一般的な治療方法の一つになってきています。
体外受精は、次のような方が対象になります。
・卵管閉塞がある場合
・タイミング法や人工授精を一定期間行ったが妊娠しない場合
・抗精子抗体が存在する場合 など
顕微授精 顕微授精とは、体外受精と同じように体外で受精させ、受精卵を子宮内に戻す方法ですが、受精の方法に違いがあります。体外受精では、あくまでも精子の力に頼って受精をさせますが、顕微授精はガラス管等を使って精子を卵子に注入させ受精させます。体外受精よりもより人工的に人の手を介した方法となり、次のような方が対象になります。
・体外受精でも受精しない・しにくい場合
・精子の数が少ない場合や精子の運動性不良・奇形精子の割合が高い場合 など
よくあるご質問