TOP > インフォメーション > ヒブ(Hib)ワクチンの一時的な供給遅延に係る対応について

インフォメーション

ヒブ(Hib)ワクチンの一時的な供給遅延に係る対応について

 

~ヒブ(Hib)ワクチンの一時的な供給遅延に係る対応について~

 ワクチンに付属している注射器に不都合が判明し、ヒブ(Hib)ワクチンの入荷ができない状況になっています。他のワクチンについては、従来どおり2ヶ月からの接種を受け付けます。ヒブ(Hib)ワクチンについては、在庫が確保できる間は、新規接種1回目の赤ちゃんを優先し、2回目以降についてはお待ちいただくことになります。ヒブ(Hib)ワクチンが入荷できない間は、他の2ヶ月からのワクチンを開始し、ヒブ(Hib)ワクチンが入荷され次第、接種を行っていきます。

ヒブ(Hib)ワクチンの情報につきましては、3月初め頃には、今後の方針についてわかる予定です。ホームページにてご案内致します。お待ちいただいてる患者様には、ワクチンが入荷でき次第、こちらからご連絡させていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解の上、宜しくお願い致します。

 

 

                        野村産婦人科  院長  野村 哲哉

よくあるご質問